ビジネッツの未来創造クラブ

【宅建メルマガ】民法36

遺言に関する次の記述のうち、民法の規定により正誤を述べよ。

2 . 疾病によって死亡の危急に迫った者が遺言をする場合には、代理人が2名以上の証人と一緒に公証人役場に行けば、公正証書遺言を有効に作成することができる。

3 . 未成年であっても、15歳に達した者は、有効に遺言をすることができる。

【宅建メルマガ】民法36
解答・解説!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

Copyright (C) 2021 ビジネッツの未来創造クラブ  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。