ビジネッツの未来創造クラブ

第3回ライブ音声 今回のライブ音声はこちらの不手際によって、第3問のみしか収録されておりません。(約8分) それでも、音声を聞いて理解を深めていただきたいと思います。     なお、1問目と2問目は下…

【問 1】 AはBから借り入れた3,000万円の担保として、A所有の甲建物と乙建物に抵当権設定登記をした。抵出権設定後に、AはCからも2,000万円を借り受けることとし、 A所有の乙建物のみに抵当権設定登記を行った。 こ…

【問 1】  保証に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、謝っているものはどれか。 1. 主たる債務を生じさせた契約について、主債務者に取消権が認められる場合、保証人も取消権を援用することができる。 &nbs…

【問 1】 次の記述のうち、2019年4月1日現在で施行されている民法の条文に 規定されているものはどれか。 1. 不法行為の時から20年を経過した時に消滅する不法行為による損害賠償の請求権は、消滅時効とする旨 &nbs…

第2回ライブ音声 今回も、ライブの音声を録音したものを公開しております。(約30分)     今回の問題を通して言えることは、問3の正答率が少し悪かったです。その影響もあってか、質疑応答でも質問に挙が…

遅くなりましたが昨日の解答をお送りします。 送られてきた解答の正解率を記していますので参考にしてください。 ※高い正解率(70%)のもので間違えた場合、正解をよくよんで理解してくださいね。   問1 正解2(7…

【問 1】 A所有の居住用建物(床面積50m²)につき、Bが賃料月額10万円、期間を5年として、賃貸借契約(借地借家法第38条に規定する定期建物賃貸借、同法第39条に規定する取壊し予定の建物の賃貸借及び同法第40条に規定…

【問 1】 AからBが2,000万円を借り入れ、Cがその借入金返済債務について委託を受けて保証する場合と、DからEが2,000万円を借り入れ、 Fがその借入金返済債務について委託を受けて物上保証してFの不動産に抵当権を設…

【問 1】 抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1. 抵当権の対象不動産が借地上の建物であった場合、抵当権の効力は当該建物のみならず借地権についても及ぶ。   2…

【問 1】 制限行為能力に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、 誤っているものはどれか。 1. 未成年者が、 その法定代理人の同意を得ずに行った法律行為は、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為を除き、取り消すこと…

Copyright (C) 2022 ビジネッツの未来創造クラブ  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。